1997年L.A.旅行の日記です。


1997年11月28日(金)  TOP

 14時55分成田発の大韓航空でもってL.A.に旅立つ。恥ずかしながら渡航初体験である。学生時分は金がなく、サラリーマン時代は時間がなく――で、今になって両方とも少しだけ余裕ができ、ついでに学生時代の先輩で翻訳&アニメ設定家の堺氏が声をかけてくれたので、こういう事になった。同行するのは翻訳家の柳下氏、SF-ONLINEの編集、添野氏。堺氏は7年前に1年間L.A.に住んでおり、柳下氏はよくL.A.に行かれるらしい。添野氏はL.A.には初めて。
 さて、大韓航空というのがそこはかとなく心配なのだが、案の定というべきか、照明に不調があったり、機内映画『ロスト・ワールド』は途中で切れる、で楽しい経験であった。まあ、上映映画が悪かったんだろう。もう一本は『マイ・ベスト・フレンズ・ウェディング』私はヘッドフォンをつけずに中国語の字幕で観た。英語よりもストーリーがわかる。が、音声をカットしていた訳で、歌とかは不明なまま。ううむ。
 L.A.到着は28日の7時半。妙にスムーズに入国・荷物受け取りが終わり、レンタカーを借りに行く。すべて終わってもまだ9時。車でサンタモニカまで行き、書店が開くまでうろうろする。SF/ファンタジーやアメコミの書店で画集とカレンダー、『エイリアン4』のメイキング本を買う。現在手に入るサントラCDのクレジットや曲目、評価を入れた本があったのでそれも買う。いきなり重い(^_^;) 返す返すも残念なのは映画のポスター。『スーパーマン』公開前のメタルタイプの告知ポスターが$110。『スターウォーズ』初公開時のポスター$48、見た事もない『帝国の逆襲』告知ポスター$45など。持って帰れないからなぁ。日本だと10倍以上の値段がつく代物がかなりあった。その後、ウェストウッドに行き、宿泊先のモーテルを求めて車を走らせる。宿を決めずに来たのだ。最初に当てにしていたモーテルが空室なしで一時はどうしようかと悩んだが、実は空室があったとわかり、安堵。そこに転がり込んで、ひと休みした後、本題に入る。
 さて、今回の目的は映画とスタジオ見学である。夕方、第一弾として『スターシップ・トルーパ−』を観る。すでに公開4週目だが、ガラガラ(^_^;) 2週間で4000万ドルを稼いだというのにどうした事だ。2日前から公開になった『フラバー』や『アナスタシア』は長蛇の列なのに。
 観てみると理由は納得。こりゃヒットせんわ(^_^;) しかし、おもしろくないとか言うのではない。真珠湾にネオナチにベトコンにインディアンなのである。危なすぎる中身を監督はおちゃらけてからかっているようにしか見えない。この呆れるくらいの軍隊賛歌をどう捉えるか(笑い飛ばせるか、真剣に受け止めるか)で、この作品に対する評価は真っ二つに分かれるだろう。
 それはともかく、昆虫や宇宙船のCGには目を見張る。『ジュラシック・パーク』のフィル・ティペット(『ロストワールド』には不参加。恐竜から個性的な動きがなくなったのはそのせいだと思っている)による昆虫は全5種類。動きの見事なまでの個性は素晴らしい。さらに宇宙船のCGは期待以上。CGとは思えないくらい汚れなど細部が描き込まれ、これまた動きが良い。センスというのを感じるのはこういう部分だ。評価はどうあれ、SFXだけは一見の価値がある。日本で公開されたらもう一度観よう。LDが出たら買うな、これは。
 物語の1/3は主人公たちのハイスクール青春映画なので、はっきり言って退屈だ。しかも、役者は全員大根(^_^;) TV映画のレギュラーとかばかりなので、学芸会を見ているよう。特にヒロインは素晴らしい(^_^;) 後半、ようやく戦闘に突入すると、そこからはヴァーホーヴェンの独壇場。人は次々と死ぬわ、血しぶきは吹き出るわ、残酷描写なんてホラー並み。さすがR指定。凄いです。さて、ハインラインは草葉の陰で嘆いているのか、はたまた拍手喝采しているのか……。とにかく、夏まで公開されないようだが、来年の夏は敵も多いので、短期間で上映が終わるような気がする。
 ところで予告を何本か観たが、凄かったのは『ゴジラ』ニューヴァージョン。これはもう口にできないほどの爆笑巨編である。本編には使われないだろう出だしに続いて、ついにゴジラの目が見える。恐ろしいのは映像ではわからないが、ゴジラのデザインである。どうやら角が二本、アンテナのように伸びているらしい。それで体はT-REX……。もう声だけゴジラだね、こりゃ。とにかく本編が早く観たいと思わせる。他にアントニオ・バンデラスとアンソニー・ホプキンスの"THE MARK OF ZORRO"がバカっぽくておもしろそう。それとTHXシアターで上映前に流れるTHXのデモがあるが、なんと《シンプソンズ》ヴァージョン。しかも、全然THXらしい迫力がない(^_^;) いやはや、笑わせてくれる。他にはドリームワークスの"MOUSEHUNT"がどんな映画かまったくわからないが、おかしそうだった。
 映画を見終わって軽くファストフードを食って、やっぱり疲れた体をベッドに投げ込んだのは、まだ21時前。日記を書いて寝る。


1997年11月29日(土)  TOP

 惰眠をむさぼり、起きたのは9時前。シャワーを浴びて、靴下とTシャツをシャワールームで洗濯。隣の堺氏は起きる気配がない。少し原稿を書いていると、添野氏から電話。それで堺氏が起き、10時過ぎに朝食を食べに行く。ヴァージンメガストアに寄ってCDとLDを買う。CDは安くないが、LDは安い。収穫は『L.A.コンフィデンシャル』スコア盤、"THE MAN WHO KNEW TOO LITTLE""KUNDAN"、それにLDが『メン・イン・ブラック』『ウォレスとグルミット』『アルゴ探検隊の大冒険』。プレイステーションのゲームで『スターウォーズ』ものの3D格闘ゲームがあったが、日本のマシンではできないのであきらめる。ルークのライトサーベルとボバ・フェットのレイガンで闘えるってのは凄いと思うぞ。日本版は出ないのだろうか? 駄作でもいいから一度やってみたい。後、前作がおもしろかった『トゥームレイダー2』も出ていたが、こっちは1月に日本版が出るのでいいや。
 その後、SF関係の書店に行く。堺氏がSF作家に日本版の本を渡す約束があり、その作家がサイン会をする予定だったのだ。が、その作家は近くで行われていたバーバンクの地方SF大会"LOCON"に行っているとの事。本を店員に渡して、SF大会へ。ここ2年は日本のSF大会にも行っていないというのに、通りがかりの旅行者が偶然L.A.のSF大会に行くとは(^_^;) しかし、地方コンヴェンションとはいえ、かなりの規模である。ゲストも何人か顔を見た。ディーラールームで中古サントラを売っていたので軽い気持ちで見たら、その途端後悔してしまった。こんなもんがこんなところにあるとはという代物を幾つか見つけ、悩んだ末に買ってしまう。LP3枚で$200超の出費。マニアの価格だ。困る。非常に困る。他にも結構貴重な物もあった。『ブレードランナー』の海賊盤のデモCDとか、『ダイハード』とか、『イーストウィックの魔女たち』のCDとか……。さらに違う店で新譜のCDも見つけて買う。後でその店が前に通販で『レリック』のCDを買った店だと気づいて頭を抱えてしまう。ああ、何かマニアだ……。
 夜、『エイリアン4』を観る。2と3をあわせたようなヴィジュアルは素晴らしい。宇宙船のデザインはいまいちだけど。が、やっている事は焼き直しの感が強い。まあ、監督は元々巧いといえる人ではないし、脚本を忠実にたどっている感じがする。もっとも細かいところでは監督の趣味がかなり出ていて、ブラックなジョークもちりばめられているのでそこは楽しめる。エイリアン自体がは前作、いや、2作目から設定変更を続けているので、ストーリーそのものは結構つらいものがある。素直に楽しめない部分は多い。が、どうしようもない訳ではなく、ストレートな話になったお陰で、そこそこおもしろい。添野氏も言っていたが、2の後にこれくらいの物が来てればもう少し評価してもいいのだが。個人的には3は嫌いじゃないんだけどね。まあ、細かい部分で突っ込み始めるとキリがないのでやらないようにするのが賢明だろう。かなりの残酷&グロ描写があるので覚悟する事。まあ、フリーク好きな人には楽しめるけど、ダメな人はダメだろうなぁ。なんか2日連続で諸手を挙げてお薦めできない映画を観てしまった。
 モーテルに戻ったのは22時過ぎ。日記を書いて、仕事をして寝る。


1997年11月30日(日)  TOP

 早朝から雨。L.A.は今雨期なので降ってもおかしくはないのだが、過去に1年間、住んでいた堺氏によればほとんど降らないという。どこが雨期なんだか。とにかくL.A.の雨ってのは珍しいらしいので得をした気分。傘なんぞ持ってきてないのが難だが。という事で、今朝のABC・TVのトップニュースは雨が降った事でした。結局、雨は夕方まで断続的に降り続け、あちこちで事故が発生したらしい。東京で雪が積もるのと同じくらい危険なようである。
 ところでベッドで2日続けて寝るとちょっと腰が痛くなってきた。いつも煎餅布団で寝ているので、クッションが柔らかいとダメなのだ。まだ4回あるんだが。
 ショッピングモールで朝飯を食べて、しばらくモールを散策し、雨避けにキャップを買う。その後、添野氏ご執着のライノレコードへ行く。サントラ関係はちょっと私のポイントからずれた物が多かったので、個人的にはあまり執着がなかった。まあ、昨日のSF大会のディーラーズルームにあった店でかなり欲求は解消されていたせいもあろう。堺氏と私は添野氏を残して"MORTAL KOMBAT:ANNIHILATION"を観に行く。もう冒頭からダメのオンパレード。合成はTVの特撮物のレヴェルで、山も谷もないダメな殺陣が続くだけ。お約束の展開に爆笑するしかできない。いや、もうこれ以上ダメな映画はないぞというくらい。"ALL EXPECTATION ARE ANNIHILATION"ってのがコピーなんだが、映画の価値観をアニヒレイトされてしまいました。予告で"DEEP RISING"を観るが、深海怪物ものらしい。音楽がゴールドスミスなので名前だけは知っていたが、モンスターがサーペントみたいな格好をしていた。なんか、不安。ゴールドスミスは『リバイアサン』でダメな深海怪物映画を担当したのに、またやるのか? それと『スフィア』も予告を観る。出来はわからない。もう一本、気になったのが『飛翔伝説』の監督の新作"DARK CITY"である。ダークなヴィジュアルが私好み。
 一旦、モーテルに戻って、17時に柳下氏の友人夫婦と共にメキシコ料理を食べに行く。旦那さんはアメリカ人なので英語しかわからない。それなりに会話をして(私以外は英語をしゃべれる)、20時過ぎに別れる。柳下氏はこの日は友人宅に泊まる。
 帰宅後、しばらく休んで添野氏と『アナスタシア』を観に行く。もう、"MORTAL KOMBAT:ANNIHILATION"を観た私に怖い物は何もない。どんな映画を観たっておもしろいはずだ。すでにサントラを聴いていたので、歌やスコアには文句のつけようがないのは知っていた。ミュージカルってのは音で外れがなければ大丈夫である。後は演出と映像のマッチングだ。演出ではおかしいというか、もうワンステップ入るはずだと感じた部分があるのがマイナス。映像ではシーン毎の出来に明らかな差がある。もう少し時間があれば均一な絵が作れたと思うのだが、公開を急いだのだろうか。なにせ予告では線画だけのシーンを流したりしたのだから。それに前に指摘したターゲットの絞り込みの甘さがやはり気になった。ストーリー上の一番の欠点は敵役ラスプーチンがあまりにもバカで弱い事。出番も少ないし。クイストファー・ロイドの声はがんばっていたけどね。ヒロイン像はディズニーの『美女と野獣』路線で現代的な勝ち気なタイプだが、ヒーローの方も顔立ちとか現代的になっている。ステロタイプなのが多かったので、新鮮だ。演じたジョン・キューザックの貢献もあるだろう。総合的には《頑張りましょう》くらいかな。ヒットして次作が作れれば問題は解決されるだろう。予告でワーナーのアニメ"THE QUEST FOR CAMELOT"をやったが、こえはもう全然ダメそうだった。主人公は騎士になりたい若い女性だし、キャメロット城なんかどこの国のいつの代物だよと突っ込みたくなる。絵も何年も前のディズニーアニメレヴェルだ。他にはエディー・マーフィーの新作があったが、なんとまあ、『ドリトル先生』ではないか。いつの間に黒人のアメリカ人になったんだ? レスリー・ニールセンの"MR.MAGOO"もおかしい。背の低いおじさんだったと思ったのだが。
 深夜0時過ぎに帰宅。日記を書いて寝る。


1997年12月1日(月)  TOP

 朝はL.A.一有名とかいう"TOMMY'S"というハンバーガースタンドで食べる。モスバーガーを二周り大きくして、チリをドバッと詰め込んだような代物。あっさりめのモスバーガーといった感じである。$1.70と考えれば安くて量があってそこそこ旨い。でも、車で1時間かかっただけの価値はないような……。
 午後からパラマウントスタジオの見学。スタジオはあまり見るべきものはない。最近じゃスタジオで撮る映画はないのだ。パラマウント自体、あまりパワーがないので仕方がない。『スタートレック:ディープスペース9』のセットの裏側と『レリック』の神像の実物くらいか。その後、昨日の柳下氏の友人から聞いた中古レコード屋"A1"に行く。恐ろしいくらいのサントラがあった。『サイレントランニング』なんか5枚も、しかもメーカーの違う物があったのには呆れた。しかも、昨日より$10安い(^_^;) とりあえず3枚買う。サントラが好きなんだと話していたら、GENERAL MANAGERからもっとサントラのあるという店を教えてもらった。ああ、なんかもう顔が凍りつくような複雑な想いである。
 帰りにアメコミショップに行く。私はイラストには興味あるんだが、アメコミにはあまり愛がないので猫に小判状態。その前に堺氏が運転ミスして、駐車中の後ろの車に接触事故を起こす。傷らしい傷もないので、相手もあまり無理難題をふっかけはしなかったが、堺氏の気分はドンと落ちる。ちなみに相手はパラマウント系のTVディレクターだったらしい。夕食は"LOWTON'S PRIME RIB"という有名なリブステーキの店。いや、肉は旨いが、ベイクドポテトの量が多すぎ。アメリカ人の量は食えない。それとも私の胃袋が小さくなったのか?
 一旦帰宅後、またもダメな映画を観る。『スクリーム』の監督が脚本を書いた『ラストサマー』である。まあ、『スクリーム』は評価が高いものの、個人的にはあまりおもしろいとは思わなかったので、今回もあまり期待していなかった。それで正解。ただの血糊の少ない『13金』でした。しかも、あのオチ。あまりの酷さに呆れ果てる。それでも添野氏は妙なところで評価していた。それの方が恐ろしかった。予告の『007/トゥモロー・ネバーダイ』とジョン・ウー製作、チョウ・ユンファとミラ・ソルヴィーノのアクションがおもしろそうだった。
 0時に帰宅。日記書いて寝る。


1997年12月2日(火)  TOP

 今日は観光の日。L.A.で一番古くて毎日休みなく営業し続けたというデリ"THE ORIGINAL PANTRY"で朝食。大地震の時はどうしたんだろうか? その後、リトル東京を回り、ワーナースタジオのVIPツアー、ユニヴァーサルスタジオ見学。もう観光客の気分。パラマウントは特に見るべき物もなかったが、ワーナーはかなり映画ファンの目に耐えられる。監督の勝手に文句を言う手紙とかかなりおかしい。映画の撮影も実際に行われていた。ユニヴァーサルは完全にテーマパークなので、特に珍しい物が見られる訳ではない。映画ファンならワーナー、遊びたいならユニヴァーサル、パラマウントはおまけという事で。
 夜はセンチュリーシティで添野氏と柳下氏は"BOOGIE NIGHT"を観る。残念ながら他の映画を観るにも時間があわず、堺氏と共にHARD ROCK CAFEで時間をつぶす。それにしてもどこがハードロックなんだよ? 10年かそれくらい前にはハードロックの象徴のような存在だったと思ったのだが……。チェーン展開なんぞするからこうなるんだ。まあ、今のアメリカのHR/HMシーンは私にはどうでもいいんだが。
 今日は映画を観なかった。0時過ぎに帰宅。日記を書いて寝る。


1997年12月3日(水)  TOP

 最終日。
 朝はいつもの店でアメリカン・ブレックファスト。その後、近所で映画を観る堺氏を残してハリウッド方面に。まず中古レコード屋"ARON"で1時間。欲しいレコードはなかったが新譜などサントラCDを6枚。映画ポスター&シナリオの店と映画関係専門の書店"LARRY EDMOND"で2時間。映画製作者のための映画音楽ハウトゥ物の本を買う。さらに"A1"で教えてもらった中古レコード屋"AS THE RECORDS TURN"で1時間。またも3枚。これでLP9枚だが、幾らかかったのか計算したくない……。いやでもカードの請求が来ればわかるんだが……。
 帰宅後、柳下氏の友人夫妻と共にチャイナタウンの中華料理店で夕御飯。杏仁豆腐が美味であった。
 今日も映画を観られず。明日に備えて23時過ぎに就寝。


1997年12月4日(木)  TOP

 6時過ぎに目が覚める。シャワーを浴びて、荷造り。なんとか収まった。7時半には空港に向かって出発。空港で軽く朝飯を食って搭乗。帰りは10時間と長丁場である。座席はガラガラで好きなところに座っていいとフライトアテンダントに言われて窓際に移動。機内上映の映画は『デッドサイレンス』『恋におぼれて』『スピード2』適当に観る。成田到着は14時半。なんだかんだで結局部屋にたどり着いたのは6時頃。郵便とFAXを見て、ニフティとメールをチェック。これで明日から日常に復帰する訳である。何はともあれ、無事に終わりました。ずっと車を運転してくれた堺氏を始め、柳下氏、添野氏の3人には色々とお世話になりました。ありがとうございますm(_ _)m