1997年7月の日記です。


1997年7月31日(木)  TOP

 ようやく仕事がひとつ終わった――多分(^_^;) 編集氏がOK出さなかったらダメなんだよね。さて、次の仕事にそろそろかからねば。ちょっと先が見えないのが不安だ。オリジナルの話も何とかしたいし、ゲーム2本も動きだしてるし、来月からは忙しくなるぞ、精神的に……。


1997年7月29日(火)  TOP

 槇夢民氏と『ジェダイの復讐』を観る。これでおしまい。やっぱりCGIでイウォークを消して欲しかった(^_^;) 全部ウーキーに差し替えて欲しかった……。それにしてもエンディングは大して変わってないよなぁ。辺境の森の木陰でどんじゃらほいと基本的に同じだ。帝国の圧制が感じられるシーンがシリーズ中になかったのが一番大きいだろう。それ以上に今回通して観て一番感じたのはフォースの無能さだ。フォースを使って何か大きな事をしたかと考えると――帝国兵士の意志をコントロールする・デススターにプロトン魚雷を打ち込む時にナビゲーターの代わりになる・ライトセーバーを引き寄せる(2回)・Xウィングを沼から引き上げる・R2D2とC3POを持ち上げる……そんなもんか? 皇帝との闘いには役に立たないし、皇帝も落ちたら浮き上がってこいよ。瀕死のアナキンを運ぶのにフォース使えよ、ルーク。フォースって肝心な時には全く役に立たないのね。次の三部作は役に立つところを見せて欲しいものだ(^_^;)


1997年7月27日(日)  TOP

 昨日買ってきた『3001年終局への旅』をあっという間に読んでしまう。クラークは実はあまり読んでいないのだが、これだけは新刊が出ると読んでしまう。それにかなり原稿枚数も少ないし、台詞が多くて読みやすい。なんかヤングアダルト物のようだ(^_^;) さて、今回は『2001年宇宙の旅』から続いてきた神(のような存在)を具体的に書く事によって、ついに神の座から引きずり降ろしてしまった。神秘的な雰囲気は皆無。まあ、『2001年』だって映画と小説じゃずいぶん違うし、クラークは科学信奉者だもんね。それにしても、自作で自分の言葉を引用するとは! 確かにクラークの作品の中では最も魔法のように進歩した科学かもしれない。


1997年7月25日(金)  TOP

 朝(昼前ともいう)起きると巣の中にティカの姿がない。あちこち見回してもいない。ふと巣の上を見ると、やられた。脱走だ。説明すると、巣はプラスティック製の衣装ケースを改造した物だ。壁に穴を空け、ハムスター用のパイプを突っ込み、パイプは巣の中と天井をぐるっと回っている。で、巣の上には出口があって、そこはいつもガラスコップで行き止まりになっている。そいつが押しのけられ、隙間が開いている。そこから脱走したのだ。しかし、天井から下までは25センチ。さらに巣箱は高さ35センチのコタツの上に乗っている。落ちたら……。無事だったとしても、台所と仕事部屋、双方の扉は開けっ放しだ。一体、どこに行ったんだ? と、こそこそと音がする。なんと、巣の隣に置いてあったケースに落ち、這い出せなくいて一晩中狭い中に閉じこめられていたらしい。きつく叱って戻してやったら昨晩動けなかったうっぷんを晴らすかのように巣の中を走り回る走り回る。夜行性のくせに(^_^;)
 昼過ぎ、秋津夫妻と待ち合わせて池袋で昼食。のはずが、待ち合わせ場所に誰も現れない。他の約束もあるので仕方なくとぼとぼと帰る。新宿で打ち合わせの後、MAILを確認すると、待ち合わせ場所が変わっていた。最近MAILチェックの時間が早くなったから深夜のMAIL見てないんだよな。お詫びのMAILを書く。


1997年7月24日(木)  TOP

 水野氏とアイマックスシアターで『スペシャル・イフェクト』を観る。アイマックスの大スクリーンで再現された『スターウォーズ』冒頭シーンはやはり迫力だった。映画と同じ音楽までつけていたのにはこだわりが感じられる。その他の音楽はクリストファー・ストーン。『北斗の拳』実写版の人だ。ナレーターはジョン・リスゴウだったのだが、吹き替えになっていたのが残念。しかし、あのスクリーンサイズで字幕があったら画面が見られないだろう。


1997年7月20日(日)  TOP

 『攻殻機動隊』ミッション・コンプリート。トレーニングの方はまだふたつムービーを見ていない。出す条件がわからないのでこれ以上は無駄か。ミッションのエンディングクレジットで知り合いの名前(某社の編集&先輩)を見つける。ま、映画版にも出てきたし。


1997年7月19日(土)  TOP

 PSの『攻殻機動隊』、MISSION6で行き詰まった。難しいぞ。仕方がないのでTRAINING MODEで草薙に褒められようとして頑張ったが、最低ランクのEからA、そして、最高レベルのSまでどの成績でも本人が褒めてくれない(;_;) あとふたつムービーがありそうなので、Sの上のランクまでいったら褒めてくれるんだろうか? ちなみに、私の部屋の壁に草薙のでかいポスターが貼ってあるのは内緒だぞ。
 《はみバス2》の修正を一旦終了。次にかかるノヴェライズのシノプシスに手を出す。しかし、どこから手をつけたらええんかわからん……。今月中にやらんと、地獄を見る事になるのだが……。困った。


1997年7月18日(金)  TOP

 郵便で嬉しいニュースと怒りの知らせが飛び込む。《はみバス》1巻が3版決定(^o^) 一方、健康保険の請求に目を剥く。なんでこんなに高いんだ! 昔の給料2ヶ月分に近い。何かしてもらったか、俺? 病院にも行ってないぞ。貧乏な作家からこんなに取るなよ、まだ借金があるのに。新宿区は高い。実感。早めに逃げようかな……。もちっと田舎に行くか。
 一方、さらに仕事の話が来る。某ゲームのノヴェライズを雑誌連載。そんな時間はあるのか? 今年後半から年頭にかけて、やはり修羅場が続きそうである。前半にのんびりしすぎたか。でも、動かなかったのは俺じゃなくて周囲の状況だったんだもんな。急に動くなよと八つ当たり。
 最近のBGMはクライズラー&カンパニー。この間、ご本人(斉藤恒芳氏)にお話をお聞きしたからというだけじゃなく、数年前から買おうかどうか考えていたのだ。10枚ほど出ているのでどれがお薦めですかなどと不躾な事を訊き、ベスト2枚と最後のライヴを買った。それにしても、解散したの知らなかった(^_^;) 凄い失礼な私……。もっと早く買っておくべきだったと後悔。ライヴ行きたかったな。原曲のあるものもいいけど、個人的にはオリジナルが好きだ。とにかく、失礼しました、斉藤様m(_ _)m


1997年7月17日(木)  TOP

 新宿三越で開催中のSFX展に行く。最盛期の80年代の物と比べれば情けない展示内容だが、エイリアンがいっぱいいたのはおもしろい。最新作"ALIEN:RESSURECTION"のイメージボードやエイリアンスーツが目玉か。『エイリアン3』でボツになったアイディアも一部使われているようで、かなりグロい映画になりそうだ。他は見るべき物はなし。
 PSの『攻殻機動隊』を買う。同日発売のダビスタは凄い人が並んでいたが、馬に興味がない私は無視。さして期待していなかったものの、『攻機』の出来は良い。アニメ部分なんか士郎正宗特有のエッチさが出ていてよろしい。細かいところもデジタル世界を意識していて、こだわりが感じられる。良心的だ。ゲーム自体は3Dのシューティングなのだが、操作が比較的簡単で気持ちよく動くし、難易度もそこそこ。さすが『ジャンピングフラッシュ』のエグザクトだ。音楽があまりにもテクノしていて個人的には今一。


1997年7月16日(水)  TOP

 この間の13日でHP開設丸9ヶ月。久しぶりにカウンターを見たら7400を越えていた。私の分を差し引いても月800アクセス。なんか急にペースが上がったけど、なんかあったんだろうか? 不明。10月12日に10000アクセスいくかな? いったら何か感謝プレゼントでもするか……って何を上げよう?(^_^;)?
 昼から新宿で剄文社の原稿の受け渡し。さらに渋谷に行って『セイント』を観て、続けさまに『エヴァンゲリオン』の試写。あー、なんだ。色々な意味で一応終わってるので良しとしたいのだが……。どうも引っかかる部分が多い。まあ、ラストは……言わないでおこう。庵野監督って人間(他人も自分も)が嫌いなのね。終了後、拍手もなく戸惑った雰囲気の会場でひとり笹本祐一氏が笑っていたのを追記しておこう。会場で水樹和佳氏と倉持知子氏、たらさわみち氏と会い、水樹氏・倉持氏、加えて角川の中津・大喜戸両氏と共に食事をする。さらに男三人でバーでエヴァ談義。そこそこ盛り上がる。これから来年夏にかけてSF系統の映画が続々公開されるが、どれも期待できない。『メン・イン・ブラック』はお馬鹿なSFでちょっと期待。久しぶりにリック・ベーカーのメイクでエイリアンが見られるのだけでも嬉しい。後はやっぱり"GODZILLA"か。期待しないで待っていると結構おもしろいのではなかろうかと、期待している(^_^;)


1997年7月15日(火)  TOP

 久方ぶりに某社から連絡があって、設定に関わっていたゲームの進行状況が判明。知らぬ間に進んでいる。発売も決まっているようだ。となると、こっちの文章の仕事も始まる訳だが――う、どないしょう? 詰まってきたな、こりゃ。とりあえず、来週打ち合わせが入る事になった。


1997年7月14日(月)  TOP

 渋谷に出て、時間があったので久しぶりにゲーセンに行く。思い出したくもない駄作『ロストワールド』のゲームがあったのでやる。ゲームの方は駄作ではなかった。ガンシューティング(銃はバーチャコップと同じ)で、襲ってくるヴェロキラプトルや襲ってくる訳ではないアパトサウルスを撃ちまくる、ストーリー仕立て。筐体がでかいし、サウンドが凄いので、映画並みの迫力。1ゲーム300円、コンティニュー200円は高いけど、やる価値はある。
 さらに時間があったので中古レコード屋を回る。収穫は『タワーリング・インフェルノ』(実は持ってなかったのだよ)、『新サイコ』『ドラキュラ都へ行く』それに『ブラジルから来た少年』とはいえ、皆LPなので実家に帰らないと聴けないのが難。『ブラジルから来た少年』はCDがあるので、どなたか欲しい方がいたらLPを実費で差し上げます。交換も可。
 時間前だがオーチャードホールに行く。入口には凄い人が並んでいる。楽日だから特に多い。エヴァ人気の凄さに改めて呆然としていると天野正道氏とばったり出会う。そのまま裏口から控え室へ。バックステージ見るのは初めてだ。作曲家の鷺巣詩郎氏や編曲の斉藤恒芳氏(クライズラー&カンパニー)など雲の上の人々(音楽家は皆雲上の人です)に会い、PAの横に座らせていただく。緞帳につけられたスクリーンに映像を映しつつ、いきなり第九からエヴァンゲリオン交響楽が始まった。途中、林原めぐみ氏と三石琴乃氏の絶妙な会話を挟み、クラシックではありえない色々な工夫(ラップ、エレキギター、キーボード)をこらしながらの2時間。編曲/オーケストレイションは鷺巣氏、天野氏、斉藤氏の他、服部隆之氏など今が旬な作曲家ばかり。豪華だが、時間がなかったというのも理由らしい。三ヶ月でこれだけのコンサートを開けたというのは凄いの一言。手抜きは感じられない。さすがプロ。映画音楽でもこんなコンサートができればいいなというのが、正直な感想でした。


1997年7月12日(土)  TOP

 夕方からゴールドスミスFMS日本支部の懇親会。といっても、6人でお茶会(ビールだったけど)しながら映画音楽について話し合っただけ。こんな話ができるのって滅多にないから貴重だ。


1997年7月10日(木)  TOP

 槇夢民氏と『帝国の逆襲』を観る。やっぱり、いいなぁ。スペオペ臭くて。これで『ジェダイの復讐』がなかったらもっといいんだけど(^_^;)
 それよりも驚いたのは予告編。T−レックスの化石標本を前に(恐らく)ニューヨーク自然史博物館の館員が「これが世界最大の肉食動物です」なんて子供たちに対して講釈してたらズンと衝撃。化石がカタカタと揺れ始める。それでも講釈を続ける館員。すると、いきなり天井が割れて10倍以上ありそうな恐竜の後脚がT−レックスを踏みつぶし、去っていく。天井に空いた穴には巨大な尻尾が揺れながら消えていく……。そして、聞こえてくる雄叫び!! 聞き覚えのあるアノ声だ。凄い! 公開1年前から予告を打つというパワーも凄いが、あのゴジラは凄い。本家のゴジラにさほどの愛着のない者としては、あのパワーはID4のスタッフが作ったという感覚をダイレクトに感じるのに充分な迫力があった。ID4が好きな私としてはこれだけでも声援を送りたい。それにしても、体高は50メートルくらいだろうか? なんとなく、スケール的には『ゴーストバスターズ』のマシュマロマンを思い出させる。しかも、そんなでかいのがニューヨークを走る! ジャン・レノの保険外交員はどうするんだ?(^_^;)?


1997年7月09日(水)  TOP

 昼から新宿のアイマックスシアターで『L5』を観る。あー、ただのNASAの宣伝映画か? それにしては簡単なミスが多いな。太陽の方向とは無関係になびく彗星の尾とか、彗星の核にあんな簡単に着陸できるんかとか。ドラマはないも同然なので何もいわん。CGもテクスチャー張っただけで立体感のない平面の連なりだし、まあ、大画面でシャトルの打ち上げが観られたのは収穫だった。
 夕方から我孫子氏と共に某社にて打ち合わせ。その後、宴会モード。仕事はいつから?(^_^;)?


1997年7月07日(月)  TOP

 ようやく『タイムクライシス』スペシャルモードのハードコースをクリア。長かったっす。とりあえずガンシューティングのひとつの到達点だ。それにしても、ランキングはシビアすぎる……。
 今日の仕事はテックサターンのコラム校正。富士見の修正は暑さに負け気味でのろのろと……。


1997年7月06日(日)  TOP

 3時に寝て5時半に目が覚めた。クーラーを入れてまた寝る。10時半に起きてシャワーを浴びる。火をいれなくても熱い水(^_^;) 都議会議員選挙の投票所はすぐ近くの小学校なんだが……。昼食を買いに行くついでに様子を眺める。暑い。またも散歩して、布団を干して、シーツを洗ってベランダ(そんな立派なもんじゃない)でボケッと日光浴。ダラダラと汗が流れてくるのが気持ちいい。自堕落な生活だ。それからダラダラと仕事をする。とりあえずはファンタジアの原稿の修正半分終了。


1997年7月05日(土)  TOP

 あまりにも暑くてクーラーも効かない。室温は29度前後。私は27度程度なら大丈夫だし、夏は汗をダラダラ流しながらキーを叩くのが好きなんだが、ティカはバテ気味。仕方がないのでクーラーつけたまま、近所に散歩に出かける。やっぱり汗を流さないと夏らしくない。1時間ほど歩いたら白い肌に少し色がつく。皮膚が弱いから焼けてもすぐに元に戻るのだ。もうちょっと色をつけたいところなんだけどね。帰ってからアイスノンをティカの家の上に置いてやったら、涼しくなったのか動き始めた。現金なヤツだ。露をふき取ってやらないといけないのが面倒だ。つくづく贅沢な……。霜島氏に言われたとーり、こいつは女王様らしい(;_;)


1997年7月04日(金)  TOP

 暑い……。どこが冷夏なんだろうか。明日も35度とかいうので出かける気もしない。
 ついにFFTに見切りをつける事にした。バランス最悪。レベルアップのために余計な戦闘をしないと敵に勝てないというのはどう考えても納得できない。それも1回くらいならともかく、最低でも2、3回しないといけないのだ。それも面が変わる度にだ。これが傑作『タクティクス・オウガ』を作ったスタッフなのか? 時間がなかったのか、実際のプログラムは他人に任せたのか。スクエアの持ち味もオウガの持ち味も、どちらも全く出ていない。クリアしていないから物語としてどうこうは言えないが、この理不尽さはたまらないぞ。


1997年7月03日(木)  TOP

 なんか腕が痛いなと思っていたら、昨日、久しぶりにバッティングセンターに行ったせいらしい。腕立て伏せと腹筋はほぼ毎日やっているのだが、バットを振るのはちと違う筋肉を使うらしい。おまけに皮膚が弱いもので、手のひらが痛い(^_^;) やっぱりグローブがいるな。
 PSの『タイムクライシス』はストーリーモードはクリアしたものの、スペシャルは一番難しいルートをクリアできない。ベストスコアも普通のゲームと比べて凄くレヴェルの高い設定なので、ランキングに入らない。入っても18位とかそんなもん。なんでこんな高くしたのだろう? しかし、ゲームの出来はいい。ガンコンもバーチャガンより性能もデザインもいいし。それにしても、シビアだ……。


1997年7月02日(水)  TOP

 我孫子氏から電話が通じない旨のE-mailをいただく。最初えらい勘違いをしていたが、はたと気づいた。私の電話が着信しないらしい。調べた結果、ISDNに切り替えた時に設定を間違えていたらしい。そういや、NTTが調べに来た時にはまだパソコンに設定ソフトを入れていなかったのだ。その後、インストールした時に変わってしまったらしい。こんな事ならインストールしなけりゃよかった。それにしても、5日ほど着信できなかった訳で、その間誰も電話してなかったらいいんだけど……。
 CDオークションで落札したCDが届く。めでたい。人を疑ってはいけないという事だ。


1997年7月01日(火)  TOP

 わー、7月だ""\(^O^)/""
 参ったな、おい……(^_^;)
 某社よりお中元をいただく。初めてだ。ヱビスビールの在庫が増えて喜ぶ。しかし、まだそこの仕事はしてないんだが……。