1997年4月の日記です。


1997年4月30日(水)  TOP

 今日は夕方から自宅で飲み会。霜島ケイ氏、高瀬美恵氏、槇夢民氏他2名。後から樹川さとみ氏が来る。なんだかわからない宴会になったけど、気分が晴れたのでいいや。。馴れ馴れしくしてしまった皆様、すいませんm(_ _)m あたしは久しぶりに気分よかったです。やっぱり酒は楽しく飲まなきゃね。ついでに酒の消費量は日本酒約16合、ワイン1本、ウィスキー半分、ビール3缶。妥当な線だろーか。
 原稿は何とか今日終わりました。さあ、次だ!


1997年4月28日(月)  TOP

 昨日、64の『スターフォックス64』とPSの『トバル2』を買ってきた。『スターフォックス64』はさすがの出来なんだが、難しすぎない? それにしてもCD−ROMじゃないのにしゃべる事しゃべる事。うるさいくらい。振動パックは話題づくりにはいいが、それだけ。まあ、値段を考えればこれで充分だけど。それ以上に『トバル2』の出来には唸ってしまった。対戦格闘物としては『ソウルエッジ』以来の高水準。キャラがアメコミ調鳥山明なので、『ソウルエッジ』と比べるのもなんだが、表情の付け方や動きなどは素晴らしい。ムービーの仕上がりにも文句のつけようはない。前作の不満点も解消されているし、これはいい。おまけのはずのクエストモードはRPG風になり、モンスターを捕まえれば対戦で使えるというのもナイス。遊べるソフトだ。
 仕事は9割方終わる。残りの1割が一番面倒なんだな……とか言いながら、『餓狼伝9』を読む。現実が虚構を追い抜いて先に進んでしまっているとはいえ、やはりおもしろい。今回、虚構がひとつ出てきて、それがグレイシーもといグラシーアとどう絡んでくるのかに期待したい。しかし、これだとますます血なまぐさくなるんじゃないかな?


1997年4月25日(金)  TOP

 公開が今日までという映画が2本ある事に気づき、慌ててはしごする事にする。『ゴースト&ダークネス』と『パウダー』である。共通するのは音楽がジェリー・ゴールドスミスだという点。サントラは両方とも素晴らしい出来だったので不安だった。JGのファンならおわかりだろうが、音楽がいいと作品そのものの出来が悪い物が多いのである。しかし、今回は違った。映画もいい。まあ、『ゴースト&ダークネス』には言いたいところもある。ライオンを超自然的に描きたいのか、ただの野獣にしたかったのか曖昧だ。マイケル・ダグラス演じるハンターの存在にあまり意味がない(しかも、史実には存在しないキャラだ)。しかし、『パウダー』は違う。予想外にいい。トラボルタの『フェノミナン』に『シザーハンズ』で味付けしたようなフリーク映画なのだが、こっちの方が早いのだ。一昨年の暮れにアメリカで公開されているのだから。脚本も演技陣もいい。ランス・ヘンリクセンが最高。これが今まで公開されずにいたのは信じられない。公開が穴埋め的なのも信じがたい。なぜだ!? せめて、ヴィデオになったらぜひとも一見をお薦めする。


1997年4月23日(水)  TOP

 ようやく《はみバス》第2巻の第1稿が上がる。難産だった。いつもの事だが、書き上げた直後は「もっと上手く書けねえかねぇ」と自己嫌悪に陥る。今回も例外ではなく、それどころかいつも以上に自分が嫌になった。いつもだと修正を始めてから「あ、そんなに悪くねえな、これ」とか思うのだが、今回はプロット段階からの問題が解決されないまま、もろに露出しているので、自己嫌悪はさらに激しい。修正にかかる労力はいつも以上になるだろう。とにかく後1週間で修正第2稿を上げる予定。それが終わったら、角川のオリジナルのために下調べなどしなければ。


1997年4月22日(火)  TOP

 前の会社の同期から結婚の通知が届く。社内結婚だ。それにしても、旦那の方は本社に帰るといつも言っていたのにこれでは帰れなくなってしまったではないか。ご愁傷様。それにしても、あの彼女があいつと……ううむ、人生わからんものである。
 午後から角川の編集氏と打ち合わせ。上手く進んでくれる事を祈る。


1997年4月19日(土)  TOP

 水樹和佳氏と中島みゆきを聴きに行く。開演まで時間があったが、どこの茶店もいっぱいなので、会場までブラブラと散歩。会場近くでアースフェスティバルとかなんとかをやっていて、民族楽器を演奏していたので聴く。これが素晴らしい。名前は覚えていないが、映画音楽でもよく聴く珍しい楽器を生で体験できたのは貴重だ。特に鋸をヴァイオリンの弦で弾くのは初めて見た。お化け屋敷で流れるヒュ〜って音ね。カンパが回されていたが、気がついたらどこかに行っていた。満足したからには金を払わねばなるまいと思っていたのだが……。すいませんm(_ _)m
 で、中島みゆきである。夜会には3回行っているのだが、コンサートは初めて。やはり、歌がいい。声の質というか、響きがいい。技量の上手い下手とは次元が違う。歌詞は間違うし(^_^;)、歌手としてはそれほどレヴェルが高い訳ではないのだが。最近のアルバムはあまり好みではないとはいえ、やはり良い物はいい。独特のおしゃべりも久方ぶりに聞けたし、満足。ところで、今年の夜会は前々回の『2/2』の再演らしい。また手直しするんだろうから、『2/2’』とかにすればいいのに。


1997年4月18日(金)  TOP

 ようやく《はみだしバスターズ(略:はみバス)》の増刷がかかる。増刷……ああ、なんて良い響きだろう(^_^;) これで2巻目も明るくなった。その前に原稿書かなあかんが。ついでにスニーカー文庫のオリジナル話も進展して欲しいものである。それが決まると、今年いっぱいのスケジュールはほぼ決定したも同然。でも、ゲーム関係の話もあるしなぁ。どうなるでしょうねえ?
 LINKページにもあるSF-Onlineの最新号が登場。メインは大特集『スターウォーズ』だ。いつもよりたくさんページを使ってます。サントラについは私も原稿書いてますので見てね。


1997年4月17日(木)  TOP

 ゲーセンで1900円使う。こんなに投入したのは初めてだ。ものは『THE HOUSE OF DEAD(だったかな?)』。セガのガンシューティングだ。バーチャコップのAM2研ではなく、AM1研なせいか、絵面が違う。こっちの方が綺麗だ。話はPSの『バイオハザード』そっくりで、主人公は探偵(?)。ゾンビ、クリーチャーを血しぶき上げながら撃ち倒していくのは快感。中ボスが硬くてひとりでは辛い。ラスボスも硬い速いで、ボス戦以外はあまりダメージないものの、中ボス3匹とラスボスで1400円使った。さすがに人差し指が痛い。やってる内にムキになってクリアまで金を投入した結果だ。もうやらんぞ(^_^;) 気分転換にはなったけど。


1997年4月15日(火)  TOP

 知人に紹介してもらった某社と打ち合わせに行く。ちと不安が残るが、まあいい。以前、この日記で褒めた責任もあるのでノヴェライズを引き受ける。タイトルは秘密だ(^_^;)
 映画音楽ページに新企画をアップする。これで総容量は2Mに達する。後3Mだ。ああ、こんな事をしている場合なのか? 原稿はとろとろと進み、それでもようやくラストの大バトルまでやってきた。後60枚ほどだ。その後の加筆修正を考えると頭が痛い。


1997年4月10日(木)  TOP

 『マーズ・アタック!』を観る。以下、ネタバレあり。

 ID4と比べようとか、侵略SFだとか、そんなこたぁどうだっていいのだ。用はとてつもなく金をかけて、オールスターで撮り直した『アタック・オブ・ザ・キラートマト』なんだから。しかし、C級のスタッフがない金をひっしになってやりくりして作ったから、あの快作最低映画は傑作になったのに、これだけ何もかもが揃った状態であれを作られても嫌みを感じてしまう。まさにガキが考えた夢想。もうちょっと何とかしろよ。映画としてはID4の方が遙かに上。バートンは次のスーパーマンをやるなんて噂が出ているが、大丈夫なのか、おい? 脚本はバートンじゃないからいいけどさ。


1997年4月09日(水)その2  TOP

 例外的だが、同日のその2(^_^;) 前回のは朝1時にアップしたので、本当は前日分だ。こっちが当日分。
 今日はサントラの日(そんな記念日はない)。ジョン・ウィリアムズFCの会報とジェリー・ゴールドスミスFMSから懇親会の案内、それと極めつけのもうひとつが郵便で届く。どれも素晴らしい。しばしサントラの世界にどっぷりと浸かった後、いきなりメタルを聴く。こっちはPRETTY MAIDSという北欧のメタルバンドだ。前作が中途半端に時代に迎合した駄作だったのでためらっていたが、今回は原点に戻ったパワフルでメロディアスなメタルだった。これはいい。前前作はあとがきBGMに使おうかと思いながら見送ったが、これならいい。問題は今月にはU.D.O.再結成第1弾やSTRATOVARIOUSが出る事だ。しかも、次の本は7月だぞ(^_^;) 幸いというか何というか、我が最愛のJUDAS PRIESTの復活第1弾は秋に延期らしい。早く聴きたいぞ。再結成とか復活が最近多いが、以前のままの音楽性で復活するバンドが多くて嬉しい。JOURNEYやNIGHT RANGERなんてそのまんまだったし。


1997年4月09日(水)  TOP

 仕事はようやくノリ始めた。後半にならないとのってこないってのはいかんなぁ。前半部分はかなりの手直しが必要になりそうだ。今月中に終わる事を祈っておこう。来月にはちょっと妖しい他の仕事が入ってきそうだし。
 最近のBGMはFAIR WARNINGの新譜"GO!"だ。ロックが好きで良かったと真剣に思える貴重なバンドだ。悲しいかな、もう最近のアメリカロック音楽市場は腐ってるから、こういうメロディの良いバンドはやっていけないのだ。日本市場だけがなぜかメロディ優先のバンドを擁護している実状には涙が出る。これを日本だけが特殊と見るか、日本だけが正常と見るかは人の趣味の違いだろうが、アメリカ市場が正しいとは思いたくない。ラップ、グランジ、インダストリーなんて音楽じゃねえ。と、まあ、これは個人的な主義だけどね。


1997年4月07日(月)  TOP

 何とゆーコトもないんだが、3日ぶりに自分のページにアクセスしたら、カウンターが4444だった。運が良いんだか、不吉なんだかわからないな(^_^;) よく、デジタル時計に目をやったら12:34とか、11:11だったコトもあるが、それも意味なしだな。まさか、そんなコトで運を使い果たしているのだろうか? 悲しいぞ(;_;)


1997年4月06日(日)  TOP

 ニフティの洋画フォーラムがオープンして3日。まずは順調な滑り出しではないかと思う。映画音楽会議室もお馴染みさんだけでなく、新しい人も入ってくださっているので、安堵している。まあ、落ち着くにはもう少し時間が必要だろう。もうしばらくは「いらっしゃいませ」から離れられそうもない。
 ところで、来週でホームページ開設半年になる。いやあ、早かった早かった。アクセス数も5000の大台には届かないだろうが、そこそこ良い数字だと思う。それにしても、現在の容量は1.5M超なんだよな。この調子でいけば、もう一年で5Mの限界に達してしまうではないか。過去LOGを削るか、容量増やすか。問題だ。


1997年4月05日(土)  TOP

 昨日は槇夢民氏と酒を飲む。なんと、この1週間で3日も酒を飲んだ事になる。それでいいのか? 誰もダメと言わないのでいいや。でも、原稿はあまり進んでいない。ようやく物語の半分まで来たところ。やっぱり難産だ。プレッシャー? いや、別にないんだけど。今月いっぱいで終わればいいんだが。ところで、締め切りっていつだっけ?(^_^;)? 電話もかかってこないから良しとしよう。


1997年4月03日(木)  TOP

 昨日は秋川渓谷で鉄板焼き。メンツは霜島ケイ、高瀬美恵、藤みな子、秋月達郎、飯野文彦、樋口明雄他7名(敬称略)。前回の学習でまな板と包丁が足りないという事態にはならなかったが、サラダ油がないという失態を犯す。完璧を期すのは難しい。キムチ鍋も前回の失敗から学び、具と水の量、味は上手くいった。持っていった酒8合はすぐに消える。その後、釣りをする樋口氏とそれを観戦する飯野氏を残して、つるつる温泉という秀逸な命名の温泉に行く。酒でちょっと危ない状態の1名などが部屋で待機。結局、湯に入ったのは6人だった。結構良いお湯でした。若返ったかどうかは不明。それから樋口氏と合流して立川で飲み直し。この段階で作家5人に減る。4時間ほど飲む。それにしても悔やまれるのは、朝起きたのが遅くてバタバタしていたせいでデジカメを持っていくのを忘れた事だ。色々とおかしなシーンがあったのに……。
 帰ってきたら仕事の電話が入る。来月は(も?)忙しくなりそうだ。今日はとりあえず気合いを入れて原稿にかかるつもり。


1997年4月01日(火)  TOP

 エイプリル・フールだ。4月になってしまったらしい。困ったものだ。まだ原稿はようやく1/3終わったところだというのに……。なして、進まん(;_;)
 このホームページももうすぐ丸半年になろうとしている。ま、ちょっとは進化したか。容量も1.5Mになったし。よく育ったものだ。お父さんは嬉しいぞ。