2000年10月の日記です。


2000年10月30日(月)  TOP
 ようやくIP接続が可能になった。これでつなぎっぱなしができる。とはいえ、別にスピードが速くなった訳ではないので、ダウンロードのいらいらが解消される訳ではない。
2000年10月29日(日)  TOP
 帰宅は7時。寝る。起きたら13時過ぎ。のたのたと起き出して、のろのろと仕事をする。徳間書店の新作用巻末付録の最後の部分。これで一応すべておしまい。明日からは富士見の新作に戻る予定。
2000年10月28日(土)  TOP
 コンサート2日目は雨の中を初めて乗る京急で汐入へ。間違えて横須賀中央まで行ってしまい、汐入まで一駅歩いて戻る。大した距離ではないが、途中にどぶいた商店街があった。おお、あの『シェンムー』の(^_^;)!
 終了後、宴会を企画していたので、ホール前で待ち合わせる。36人で予約していたが、当日になって人数に増減があり、総勢38名の大宴会となった。すでに収拾はつかない。開始が20時過ぎで終了は22時半。この段階で半分は帰宅。2軒目になだれ込んで、24時頃に数人抜け、この段階で10人。4時までその店で粘る。さらに5時過ぎまで終夜営業の不二家でパフェを食べる。深夜営業で酒も出るとは、堕落したな、ペコちゃん。ようやく電車が動き始めたので解散。
2000年10月27日(金)  TOP
 夕方早めに出て、食事をして、コンサート初日はすみだトリフォニーホール。ふたつのプログラムの中で、1回しかやらない《スタートレックとSFファンタジーの世界》。
2000年10月26日(木)  TOP
 昼過ぎに池袋に出て用事を済ませ、横浜まで行ってジェリー・ゴールドスミス(以下JG)と神奈川フィルのリハーサルの取材。15時過ぎに会場に入り、神奈川フィルの方々に挨拶と記者会見の写真などを渡し、空閑氏とJGに会って、こちらにも写真を手渡す。写真と言ってもデジカメの画像をカメラ屋にある機械でプリントアウトしたものだが、これが侮れない綺麗さなのである。パッと見にはわからないだろう。私のデジカメは200万画素クラスだが、これで最新の400万画素クラスだと恐らく目を近づけてもわからないだろう。JGは私の事も覚えていてくださった。もうこの段階でダメ。昇天。リハが始まる前に大谷幸氏の姿を見て挨拶に。どうも昨日も来られていたようだ。記者会見のJGの写真を差し上げる。リハの様子で気づいたのは指示が前回よりも細かく、ワンランクアップしているという事だ。実力は前回でわかったから、今度はもっと細かな演奏を求めているというところだろうか。この辺り、本当にJGは神奈川フィルの力を認めているのだという思いを抱いた。終了は21時。かなり疲れている様子だったので、公式サイトの質問をするというのは諦めた。とりあえずプレゼントを渡すだけに留めて置いた。前回は私のデビュー作だったが、今回はアマチュア陶芸家である父の作品――木葉天目茶碗と夫人へ南蛮人形を象った陶器の鈴。渡すだけにしようと思ったら、説明を聞いて開けて見てると控え室に引き返してしまった。まず桐の箱に感心し、取り出して手に取ってまた感心。さらに父の説明書きを英訳した文章をじっくり読んで(それとも下手な英文に戸惑ったか?)感心。夫人にと渡した小さな箱は「彼女に開けてもらおう」と言ってそのまましまおうとしたが、私の説明を聞いて「やっぱり見たい」と箱を開ける。カラフルな彩色に歓声を上げる。JGに限らず、欧米人はプレゼントを受け取るのが上手い。それでも本気で感心しているのは確かだった。思いがけない事に、父に手紙を書きたいと言うので、住所をメモする。その間、「これは荷物が沢山になるな」とかつぶやくので、思わず謝ってしまった。その後、力強い握手をして、控え室を一緒に出る。「明日が楽しみです」というと、「私もだ」そこでJGはホテルに帰っていった。さて、どうして父の茶碗なのかというと、JGファンになったきっかけが、中一の時、父と一緒に映画館で観た『カプリコン1』だったのだ。映画館を出た時に頭の中で繰り返されていたあのテーマを父と口ずさんでいたのが記憶に焼きついている。もう当然の選択だった。まあ、そこまでJGに説明はしなかったが。
 終電で帰宅後、編集氏と連絡を取って、あとがきをMAILで送る。残りは巻末付録のみ。
2000年10月25日(水)  TOP
 夜の銀座で原稿を渡す。後はあとがきと巻末付録の文章だけ。月の後半なのにまだ終わらない。他の文庫ならとっくにあとがきも渡し終えているだろう。
 終わったらちょっとHMVをのぞいて、丸の内東映へ。『バトル・ロワイアル』の初号試写だ。普通初号試写はスタッフだけでこぢんまりとやるものだが、深作欽二監督の初めてのドルビーデジタルだというので、劇場での効果を知りたいというので劇場を借りきったのである。ついでに知り合いも呼ぼうというので、いつの間にやら700席弱の劇場はほぼ満員状態。私はど真ん中に座って、しかも周りの席には出演者の若い男女と監督と脚本の深作健太、隣には音楽・天野正道という豪華布陣(^_^;) 映画の方は、世界設定と先生の設定変更が大きいが、他はほとんど変更なしに殺し合いが演じられた。子供たちもなかなか元気に殺し合っている。その娘らが前で「あ、監督だぁ〜!」などと和気あいあいしているのは不思議な感じがする。それほど気合いの入った殺し合いだった。上映時間も2時間を切っているし、ダレる余裕もないほど詰まった内容。SEがずれていたり、不似合いだったりしたが、迫力だけは伝わってきた。さて、音楽だが、上映前にコメントは控えておこう。サントラが発売されたらその時にまた。
2000年10月24日(火)  TOP
 昼前に赤坂全日空ホテルに行き、ジェリー・ゴールドスミスの来日記者会見に出る。今日のゴールドスミスは饒舌だった。おかげで質問の数は少なかったが、有意義な情報が得られた。すぐに帰って、仕事と記者会見のテープ起こしをする。
2000年10月23日(月)  TOP
 1週間空いてしまった。その間、原稿を書き、著者校が入りした。今日は校閲が渡され、明後日には著者校と校閲を渡す事になった。
2000年10月16日(月)  TOP
 富士見新作ようやく1/3。失速の影響はかなり大きい。が、一番問題だったところを乗り越えたので、ちょっとはマシになるだろう。
2000年10月15日(日)  TOP
 DC『エターナル・アルカディア』クリア。ああ、何年ぶりだろうか、クリアするのがもったいないと思ったRPGなんて……。おもしろかった。ベタなキャラと展開に何度笑った事か。笑いながらもツボを突かれてもだえていたが、いつの間にやらキャラそれぞれに感情移入してしまっていた。やられたね。実に楽しい時間だった。ドラクエ7で無駄にした時間を返してもらった感じがする。エンディングも長々とムービーを見せられる事もなく、潔く終わったし、本当にRPG初期のドキドキが味わえた。難易度も高くないし、テンポが速いので飽きる事もない。無駄な人物がほとんどいないのも素晴らしい。この完成度のゲームが年にひとつあれば何も言うことはないのだが。
 感情移入のさせ方のひとつはそのキャラがどんな性格でどんな考え方をするのかを見せる感じさせる事だ。このゲームで素晴らしいのはその点をわかりやすい形で示しているところだ。顔の表情の変化、演技、台詞、声――それらが非常に上手く機能している。表情はテクスチャーを張り替えているだけだが、タイミングが絶妙。演技もオーバーアクションだが、キャラ毎に相応しい演技をさせている。台詞もキャラをきちんと把握して書かれている。声はかけ声や悲鳴といった部分だけなのだが、それによって書かれた台詞だけではわかりにくいニュアンスがつかめるようになっている。これら全部を無駄なく、表現する事で、プレーヤーはそれぞれのキャラを理解できるようになっている。これまでのこの手のRPGで、主役たち以外の脇役までプレーヤーが把握できるほど作り込まれている作品はほとんどないと言っていい。実はエポックメイキングな作品だと思うのである。『アイアン・ジャイアント』同様に、「やられた。畜生」と言いながら、「ええもん見せてもろたわ」という感動を味わっている。プレイしている間ずっと至福のひとときを味わっていた(エンカウントの多さに怒った事もあったが)。初めてドリキャス買って良かったと心底から思ったものである。
2000年10月14日(土)  TOP
 イベントクリア。はぁ。まあ、旨い料理が食えたので良しとしよう。
2000年10月13日(金)  TOP
 T書店の仕事がとりあえず一段落したので、富士見に戻る。しかし、こう分断されてしまうと能率が上がる訳がない。テンションが下がる。なんとかT書店の著者校が来るまでに、1章分は終えてしまいたいのだが、明日は個人的なイベントがあるし、体も本調子ではない。ああ、今月を無事に乗り切れるのだろうか。不安だ。
2000年10月12日(木)  TOP
 T書店とイラストレーター氏をまじえて打ち合わせ。昨日もあまり集中力がなかったので、修正したのは大きな部分だけ。細かな修正は著者校の時にする事にしてもらう。
2000年10月10日(火)  TOP
 風邪気味。薬がないので買いに行き、サンマと大根を買って焼いて食う。意味はないが、風邪のせいだろう。修正を始めるが、集中力なし。
2000年10月9日(月)  TOP
 喉が痛い。雨の中、T書店と打ち合わせ。若干の修正指示を受ける。雑談の後、CD屋を巡る。『エターナル・アルカディア』のサントラを探すため。情報どおり、一般のCDショップには入っていないので、マンガの森で購入。《ファミ通》を出しているエンターブレインがゲームCDまで発売するようになったのだが、まだ流通が限定されているらしい。ゲーム本編はまだ中盤というところなので、サントラは前半の1枚目だけ聴く。生楽器の曲(最初と最後の4曲)もいいが、DC内蔵音源の音がいい。CDからの垂れ流しではない細かな演出が光る。ゲームの音楽演出もここまでやるメーカーが現れたかと嬉しい(例えば、地域毎にテーマがあり、雰囲気も違うのだが、船で航行中に地域が変わると船のテーマが段々と地域に相応しいアレンジに変わっていくのだ)。ところで、ゲームの出来には若干不満もあるが、ここ数年のRPGでは最高の仕上がりではないかと。特にDC持ってる人は買わないとソンするよ。
2000年10月6日(金)  TOP
 下北沢で加藤健一事務所の芝居『ラン・フォー・ユア・ワイフ』。初めてだが、キャラメルボックスの西川さんが出るので。話は翻訳物で、ふたりの妻を持つ男が完璧なスケジュールでもってふたつの家を行き来し、ばれないように二重生活を送っていたが、ちょっとした事故でスケジュールが狂い始め、取り繕おうとして右往左往するというもの。思いっきりギャグである。西川さんは男の家の片方の2階に住むオカマ。出てきた時は目を疑うようなケバい格好(^_^;) いやだわ、すごくお似合いよ。
2000年10月5日(木)  TOP
 ドラクエのショックから立ち直ろうと、投げやりに買ってしまったDC『エターナル・アルカディア』が意外にも当たりであった。話はパターンではあるが、キャラがそこそこ良くできているし、世界が上手くできている。大地は空に浮いていて、船で空を飛ぶ世界。主人公は半人前の空の海賊=空賊。通常の戦闘の他に船での砲撃戦もある。グラフィックはいかにもDCだが、細部が妙に生きている。モンスターの動きや気味悪さも特筆物。店の人間もそれらしい動きをしてくれるのが嬉しい。今は他人の船を借りているが、いつか自分の船とクルーが手に入るようだ。さらに楽しいのが「男気」パラメータ。これが高くないとクルーをスカウトできないらしい。戦闘シーン、特に砲撃戦が時間がかかるのがマイナスだが、致命的ではない。お試し版が1000円で売っているので、DC持っている人はやってみる価値あり。
2000年10月2日(月)  TOP
 富士見の新作1/4まで仕上がる。これで? 大丈夫なんかいなと心配になる物語の進行速度である。
2000年10月1日(日)  TOP
 山田章博『BEAST of EAST』ようやく2巻刊行。掲載雑誌休刊で他誌に移り、2巻も1ヶ月延期しての刊行。待った甲斐あり。特に最後の台詞がいい。欧米人が勘違いしたようなヴィジュアルの中世日本を舞台に繰り広げられる九尾の狐の物語。清明、将門、道満にヴァンパイア、ウェアタイガー、ゴーレム、ドワーフが入り乱れる乱世に、主人公と狐に乗っ取られた幼なじみ藻の想いはどうなるのか。久々に背筋がぞくっとしました。1巻より密度高し。しかし、あの小柄な体のどこからこんなパワーが出るのか。恐るべし山田章博。コミックバーズ刊。