2000年7月の日記です。


2000年7月29日(土)  TOP
 えらく開いてしまった。音楽室に久しぶりに追加。T書店の新作はようやく1章を終える。ここからが長いというのに。来週に迫ったSF大会の企画に出演依頼が来たのが先週末。メインではないので、付け足し気味に案を考え、その内ひとつのためにビデオをダビング。後は当日考えよう。
2000年7月24日(月)  TOP
 昨日に続いて今日も34度を超える暑さ。太陽光線の攻撃を食らいながら郵便局まで出る。家のクーラーは元々6畳用のウィンドウ用で、それを6畳の仕事部屋と4.5畳の畳部屋を冷やしているものだからすでに限界である。夏だねぇ。
2000年7月20日(木)  TOP
 池袋に新しくできた映画館CINEMAS4で『ジュブナイル』を観る。感想は別にするとして、その後、引っ越し先の鍵をもらって部屋の寸法を測りに行く。汗だくになりながら、メジャーであちこちを測る。どうも部屋の構成に一長一短があって、どこに何を置くか考えてしまう。
 さて、『ジュブナイル』だが、これは観ておくべき映画だ。特に子供の頃にSFに浸かってしまった過去を持つ者。ジュブナイルSFを経験した大人たち。確かに、おかしいところはあるし、欠点もある。しかし、それを上回る魅力もたくさんある。これまでの日本のSF映画で落胆をしてきただけに、この収穫は大きい。音響はハリウッドで仕込まれたらしいですが、確かに効果音がこれまでの日本SF映画とはまったく違う。センスがあります。おまけに私と同年代の監督によるデビュー作。おまけにSFX畑出身。「めざせ、ジョー・ジョンストン!」と叫んでしまうぞ。みんな、観てくれ。この台詞、今年はこれで2回目だ。
2000年7月18日(火)  TOP
 昼過ぎに新宿に出て、買い物。遅い昼飯にたまに行くトンカツ屋へ。目の前でカツを揚げている板さんと若い助手(てのか?)の会話がちらちらと聞こえてくる。なに? スターウォーズ? ビデオ? ペプシ? 板さん、ほとんど持ってる? そうか、そういう人だったのかとひとりで納得。その後、E社と来春発売予定の新作の打ち合わせ。時期的に2巻目がかなりハードになりそう。イラストもあわせてどうなるか。さて?
2000年7月17日(月)  TOP
 サントラ館が《日経BP パソコンベストムック「インターネット ホームページ 2001年版ベストブックマーク」》に掲載されました。これで幾つめかもはやわからん。
2000年7月16日(日)  TOP
 昨日に続いてCDの整理。しかし、CDだけで段ボール(小さいのも半分あるけど)15箱というのは……。これが終わったら、本の整理だが、これが面倒。今月中に終わればいいかと半分投げる。
 雪印騒動のせいで、雪印の乳製品がどこにもない。仕方がないのでコンビニで他社のスライスチーズを久しぶりに買うが、不味い。牛乳は低温殺菌のものを買っているので、雪印のものは美味いと思わないのだが、スライスチーズは雪印が好きなのだ。会社のトップがバカなせいで、対応が鈍く、余計に影響が大きくなったせいだ。ニュースを見ていても、販売店へまともな対応ができていないようだし、社員にすら指示がないようだ。なんであんなに無能な連中が会社のトップに立てるんだろうか? 俺のスライスチーズを返せ!
 皆既月食。あいにくの曇り空で、あまり綺麗には見えなかったが、とにかく黒っぽい月は見えた。
2000年7月15日(土)  TOP
 引っ越し先の契約のために不動産会社に赴く。説明と書類にサインで1時間。
 帰ってからCDの整理。サントラはともかく、ロック関係は聴かないものがはっきりしているので、それを除いて段ボールに詰める。が、聴くか聴かないか微妙なものもあって、結局それは聞き直して判定に持ち込む。30枚程度が売却処分決定。引っ越し費用の足しになればいいだろう。
2000年7月14日(金)  TOP
 引越のサカイが見積もりに来る。まあ、思ったより安くはなったし、最近のキャッチフレーズ「きっちりやらせていただきます」で決めてしまった。管理会社にも連絡して退出の日時を決める。段ボールも届いたので荷造り(CDと本を詰めるのがメインだな)もぼちぼちせねばならない。役所の届けやら何やらで、これから一ヶ月ほどは引越レポートになるような気がするなぁ。12年間で5回目の引越である。
2000年7月13日(木)  TOP
 ILLUSTRATOR9.0が届く。さっそくインストール。なんやえらい変わっとるがな。レイヤーが使えるし、簡単なFLASHアニメーションも作れる。が、わからんっ! また一から勉強やり直しや。
2000年7月12日(水)  TOP
 T書店の編集氏より電話。シノプシスほぼOK。後は書くだけ。で、冒頭部を書き始めて詰まる(;_;) やはり、3ヶ月近いブランクでノリが悪くなっている。リハビリかねて明日から気合いを入れ直そう。
2000年7月9日(日)  TOP
 大イベント終了。
2000年7月8日(土)  TOP
 見事なまでの台風一過。暑いぞ。
2000年7月7日(金)  TOP
 住民票と所得証明書。FF7発売日。誰が買うかい。台風接近。
2000年7月6日(木)  TOP
 昨日、内部が見られなかった物件を見る。浴室乾燥機、クーラー2機がそそられる。目玉の物件ふたつ共、一長一短で、決め手がない。一旦帰って、大家の情報を調べてもらうと、心が傾きかけていた方は管理会社が少し前に変わってしまって、個人から一部上場企業になったらしい。おかげで審査が厳しいらしい。自由業者はこう言う時、立場が弱い。蹴られる可能性大。仕方がないので、さきほど見たばかりの方に決める(←結局自分で決めたわけではない)。家賃の発生も来月まで待ってくれるし、おまけももらえるらしいので、まあいいやと自分を納得させる。帰って交通アクセスを調べると、最初に考えたよりはあちこちにつながっていた。乗り換えなしであそこに行けるし、乗り換え一回であそこだし、バスならあそこに行ける。今でも自転車で20分あれば新宿に行けるので、あそこにも自転車で行けそうだ。でも、これで自分で引っ越し先を決めたのは3度目だが、いつも最初の不動産屋で出物が見つかるのはなぜ? 単に不動産屋にたばかられて甘いだけ?
2000年7月5日(水)  TOP
 再来月に現在の住処の契約が切れるので、不動産屋に物件を探しに行く。ネットや情報誌で目星をつけて置いた不動産屋は店先に看板などが何もない隠れた場所にあった。しかも、雑居ビルの入口ドアは普通の家のようで、中が見えない。不安に駆られながら中をのぞくと、平日だというのに結構なにぎわい。店の人も若い(私と同年代以下)。体育会系のノリ。かなり広い範囲の物件を自社・他社問わず豊富に持っているようだ。値段的に低めの希望沿線で探す。4つ候補があったが、ひとつは審査が無茶苦茶厳しそうなので止め。こう言う時、自由業は肩身が狭い。3つを見に行く。最初の物件は駅から5分で、駅前もそこそこにぎわっているし、交通アクセスが非常に良い。しかも、最近出来たあのWMCにも近いので、かなりポイント高し。管理会社の人も良さそう。不動産屋の予想よりかなり良かったので、自社物件の内、ひとつを見るまでもないと引っ込めてしまう。残りひとつに行くが、大家と連絡が取れず、外観だけ。築年数や専有面積はさっきと同じ。値段が安いが、宅配ロッカー完備。駅からは9分。交通アクセスはかなり落ちる。用事があったので、今日はここまで。
2000年7月4日(火)  TOP
 土砂降り2。
2000年7月3日(月)  TOP
 土砂降り。
2000年7月1日(土)  TOP
 吟醸酒の会。今回は鑑評会金賞受賞酒がメインだったので、香りの強くて新しい酒が多かった。好みの問題もあるだろうが、どちらかというと苦手なものが多かった。例によって飯はどれも美味しい。